増え続けるグッピー🐟

私は、あくまでも趣味として魚を飼っている。

身近には、副業としてある意味プロとしてメダカの「飼育・繁殖・仕入れ・販売・普及」に尽力しているコーチもいる。

私はエンジョイ派で、彼はガチ勢だ。

そんな中、私のグッピーが増え続けている。

何かもうエサあげるとウヨウヨ感が凄くて「めっちゃぎょうさんおるなぁ〜〜」と見入ってしまうレベルになって来た。

国産グッピーを適当に飼っていたのだが、いろいろな個体が掛け合わさり見た事のないカラーリングの者が泳いでいたりする。

『これが、世の中なんですよ!』

いろいろな個性を持った生き物が、混ざり合い溶け込んで一つの世界(水槽)を構築している。

水槽を眺めながら、「これは世の中の縮図であるなぁ」と思いを巡らせる事こそが、鑑賞魚飼育の醍醐味なのだ。

勿論、人によって楽しみ方は違うだろう。

しかし、半分世捨て人の私はその様に思う。

そして、もう半分の世俗人(私)がインテリアとしても楽しんでいる。

グッピー達が、「そんな事はどうでも良いからもっと餌をくれや!」と叫んでいた。

 

考えるアクアリストK

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。