MGCでみんな納得!

こんにちは!OGです。

いや~、急に秋めいてきましたね。
日中は、今日のように晴れていればさすがにまだ暑いですが、それでも日陰に入れば爽やかで汗もすぐに引きます。
朝晩は、涼しいを通り越して肌寒いと感じるほどですね。

ところで、先日開催されました、マラソンのオリンピック代表選考レースであるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)は面白かったですよね。
上位2人は代表に即内定という非常に分かりやすい選考基準ということもあり、見ていてスッキリしましたし、選手も勝っても負けても納得するしかないという状況はとてもいいことだと思いました。

過去には、同じレースに出場していない選手同士を比較して、陸連の選考委員が決めるというあいまいな基準で、代表に選ばれなかった選手も納得いかないという場面もみられましたし。
今までさんざん選考基準に意義を唱えてきた、増田明美さんも「いいと思う。後腐れない。これまでは人の目の採点で選ばれた。これは自動的に1位、2位。入らなかった選手たちもさっぱりしていた。こういうルールだと選手たちが心の有り様がいい」とおっしゃっています。

しかし、今回は来年の東京オリンピックと同じコースで選考できるということもあり、スポンサーやテレビ局も納得したらしいのですが、次回も同じようにMGCが開催されるとは限らないそうです。
大人の事情で選手を振り回すことのないように、次回からもぜひこのようなシステムで選考して欲しいと思います。

関連記事はこちら