西岡選手、無念の途中棄権

こんにちは!OGです。

今日は意外に寒くかったですね。
ここのところの暖かい気候に慣れた体には、屋外のテニスは堪えました(^^ゞ

そんな肌寒い日本とは違って、真夏の気候のアメリカのカリフォルニアで行われています「BNPパリバ・オープン」で快進撃を続けていました西岡選手ですが、本日の4回戦で腰付近の痛みにより途中棄権し、8強入りはなりませんでした。

相手は、ランキング的には格下(130位)のケツマノビッチ選手でしたので、またとないチャンスだっただけに非常に残念です。
本人曰く「(前の試合の)疲労とかがあったわけではなく、試合前のアップで背中と腰の中間あたりが急に痛くなった。サーブが特にきつかった。きょうは運がなかった」とのことです。

日頃、ハードなトレーニングしているトッププロでもそんなことがあるんですね(^^ゞ
次戦のマイアミ・オープンを欠場し、帰国して日本で精密検査を受けるらしいのですが、深刻な怪我じゃなければいいのですが…。
小柄な体格で屈強な外国人選手と戦う西岡選手、怪我をしっかり治してまた頑張ってもらいたいですね!

関連記事はこちら