誕生日について

先日、とある濃すぎる飲み会がありました。

いろいろな会話の中で、結婚不適合者との烙印を押されかけた時、突如店内が暗くなりケーキが運ばれて来ました。

すると、厄年の私が祝われたのでした。まさかのサプライズでとても嬉しかったです。

そもそも誕生日とは、自分が産まれた日であり、母親が産んでくれた日でもあります。

そして、周りが待ち望んでいてくれた日でもあります。

その事を思うと、感謝しかありません。

今年の誕生日は、前から気になっていた「大人の流しそうめん器」を買って一人静かに素麺を啜ろうと思います。

※これは、決して寂しい行為ではありません。

 

関連記事はこちら