『日本一の下克上をする』三重県・白山高校

こんにちは!OGです。

いや~ホントに暑いです…みなさん、水分は十分に摂って無理しないようにしてくださいね!

ところで、高校野球も各地で代表がぞくぞくと決まっていまして、愛知県もいよいよ決勝を残すのみとなりました。
東大会では、私の地元西尾市の西尾東高校(中日の岩瀬投手の母校)が初の決勝戦に進み、大いに盛り上がっています。

そんな“熱い”甲子園予選で見事初出場を果たして、メディアでも話題になっている高校があります。
三重県代表の公立高校、白山高校です!
なんと、2年前までは10年連続で予選1回戦負けが続いて、5年前は部員がわずか5人しかいなくなって、野球部そのものの存続の危機に陥ってしまうほどの弱小チームだったそうです。
壮行会では「出場するのは辞めとけ」「どうせコールド負けだ」とヤジが飛ぶほどの屈辱を味わったチームは、そこから奮起して今年見事に甲子園へのキップを掴み取りました!

女性部長の川本先生も野球少女で「男に生まれたかった」と何度も思ったそうで、そんな部長さんに生徒さんは「自分たちが先生を甲子園に連れて行きます」と言ってくれたそうです。

もう感動のエピソードが多すぎで、このままドラマ化できそうです(^^ゞ
甲子園では、思いっきり楽しんでプレーしてもらいたいですね!

関連記事はこちら