グリップテープの巻き方(続き)

こんにちは!OGです。

players_date前回の記事(グリップテープの巻き方)の最後で、クルム伊達公子選手の巻き方は変わってると書きましたが、そしたら後日、Uコーチに理由を教えていただきました(さすがUコーチ)。

伊達選手は、もともと左利きです(そのことは知っていました)ので、利き手の左手でテープを引っ張りたいために、あのような巻き方になっているということです。

なるほどです。彼女は、利き手は左ですがテニスは右利きと同じように打ちます。
なので、グリップテープ自体も右利きと同様(グリップエンド方向から見て反時計回り)に巻くためなんですね。

ちなみに、左利きのプレーヤーで拘る方は、元グリップも一度剥がして、新たに一般とは逆(グリップエンド方向から見て時計回り)に巻き直して使用する方もみえます。
もしサウスポーの方で、どうもしっくりこないと言う方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら