デ杯、1回戦いろいろ

こんにちは!OGです。

今日は、名古屋で雪が降ったみたいですね。
私の住んでる三河地方は冷たい雨でしたが、明日から週末にかけてはこちらでも雪が降るかもです(^^ゞ
先日の大雪のような予報ではありませんが、低気圧の動きによっては油断できません。
みなさんお気をつけくださいね!

ところで、先日の日本対フランスのデビスカップ1回戦は、残念ながら完敗でした。
やはり、錦織選手の存在の影響は大きく、彼不在でワールドグループを戦うのは厳しいという現実を見せ付けられた感じですね。
錦織選手も以前言ってましたが、とにかくどんな形であれ、ワールドグループに居続けること、常に高いレベルでプレーする環境がより日本のレベルを上げる最大の条件だと思いますので、ぜひプレーオフに勝って残留して欲しいですね。

そんなデ杯ですが、他の国も各地で1回戦を戦っています。
イギリス対カナダ戦では、カナダのシャポバロフ選手がエドムンド選手との対戦中、サービスをブレークされたことへの怒りからボールを観客席に打ち込んだつもりが、なんと審判の左目に当ててしまい失格になるという前代未聞の珍事が起こりました。
しかもその試合は、2勝2敗で迎えた最終試合だったため、その1プレーでカナダの敗戦が決まったというあっけない終わり方だったようです。

あと、ベルギー対ドイツ戦では、先日の全豪オープンで大活躍したズベレフ兄弟と擁するドイツが、ゴファン選手不在のベルギーに負けたり、昨年優勝のアルゼンチンがイタリアとの激闘の末敗退するという、どちらも大番狂わせがありました。
このあたりが、錦織選手不在で完敗してしまう日本との選手層の違いが改めて浮き彫りになった感じですね。

さあ、今年はどの国が優勝するのでしょうか。
祖国のプライドを背負って戦うデ杯は、ツアー大会とは違う独特の雰囲気ですので、これからも楽しみに観戦したいと思います。

関連記事はこちら